« USBアイソレーターの効果 | トップページ | 出光美術館 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季 »

2016年5月 7日 (土曜日)

リボンマイク用トランス TRM-1 完成

Wp_20160506_20_03_56_pro_1

音創り研究会で開発していたリボンマイク用トランスが完成しました。これから販売に向けて外箱や説明書などを準備します。
リボンマイク用トランスはハムフェア前に通信販売で販売開始の予定です。

このリボンマイク用トランスは、あなたのリボンマイクの中に入っているトランスと交換するための部品です。コンデンサーマイクやダイナミックマイクには使えません。

リボンマイクの構造は単純ですから、一つの部品、素材が音に及ぼす影響がとても大きいのです。なかでも、トランスはリボンマイクの音質を決めるキーパーツです。

ところが、残念ながら安価なリボンマイクは、コストダウンのため、コスト削減ができるトランスをケチッている場合が殆どです。

トランス以外の部品をケチると音が出ないとか、すぐ壊れるという製品として致命的な問題が発生する可能性が高くなります。
逆に言えば、安価なリボンマイクのトランスをアップグレードすることで、安価なリボンマイクの音質を大きく向上させることができるわけです。

トランスの交換作業はハンダ付け5箇所だけですから、ハンダ付けができる人には簡単な作業です。

Wp_20160506_22_56_01_pro_1

音創り研究会で販売する量産品が手許に届いたので、早速自作のリボンマイクのトランスを交換してみました。
今まではトランスはRCAコンパチと言われているEDCOR RMX-1を使っていました。

RMX-1はルンダールと並んで評価の高いリボンマイク専用トランスですので、自作のリボンマイクの音は自作とは思えないレベルには仕上がっていました。

今回はリボンマイクのオーバーホールも予て、リボンの弛みを直して、磁石とリボンのギャップも再調整、最後にトランスを載せ変えました。

TRM-1はリボンマイクのケース(中華マイクのケースのみ利用)に写真のようにピッタリ収まりました。この後銅テープでグルグル巻きにしてハム防止をかねてトランスを固定しています。

トランスからリボンへの極太の接続線は太いのには理由がありますので、切らずにマイクエメントハウジングと本体の仕切り板に穴を空けて通し、モーター部分へ最短で接続しました。

早速モニターしていると・・・・開発中に「おこれは」と思った音で自分の声が聴こえてきます。
明るくて、柔らかいけど、太い。つまり、明確な音。狙ったとおりです。

リボンマイクの音はもっこりしていて、柔らかいですが、ある意味ぼやけ気味。TRM-1は音の明確さ(無線では了解度に相当すると思います)に拘りました。
その、従来のリボンマイクにはなかった明確な音という特徴とリボンマイクらしい力強さと柔らかさの特徴をバランスさせたのがTRM-1です。

このTRM-1を載せた自作リボンマイクでお空にでようと思います。聴こえましたらコールしてください。

|

« USBアイソレーターの効果 | トップページ | 出光美術館 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« USBアイソレーターの効果 | トップページ | 出光美術館 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季 »