« リボンマイク用高性能トランス TRM-1 "響"を限定販売開始 ! | トップページ | キャパシタチューニング »

2016年6月26日 (日曜日)

IC-7851は飛ばない無線機?

Ic7851

TS-990が悪いとかではありませんが、どうも私はICOMの無線機が合っているようで、違和感が消えませんでした。

開局した時はFT200でしたし、その後TS670も使いました。FT920も使ったし・・・むしろ開局してから暫くはICOMの無線機とはご縁がありませんでした。

ICOMとは2000年にPSK31を初めてからのおつきあいで、IC-756Proからになります。ICOM無線機が気に入っているところをあげると、メインVFOダイヤルが右側にオフセットされいて、キーボードを置いた時に右手でのVFO操作が楽にできるのが一つ目。
オーディオ出力信号に色付けが少なくて、受信音が素に近いのが二つ目かなぁ・・・。

皆さん、感度とか混信除去のフィルターとか気にするけど、僕のポイントは大分ズレていると自分でも思っています。

でも、TS-990は良い無線機だし、不満と言えるような部分はVFOの位置以外にはありませんでした。
ノイジーな環境でも聞きやすいし、フィルターも良く聴くし、音だって好みに調整すればKENWOODトーンとは違うけど、満足できていました。

でも、なんとな~く満たされない思いがあって、IC-7851にすることにしました。ツマミの配置とかIC-7800と殆ど同じですから、使い勝手はすぐらくらく・・・とか思っていましたが、TS-990に慣れてしまって、すっかり忘れている自分に気付いたり、なかなか新鮮な気分です。
購入後数カ月たって、細かい設定とかマダマダ煮詰まっていませんが、まずは普通に使えるレベルには慣れてきたと思います。

TS-990との違いは、スイッチon直後に感じました。TS-990ではそれほどノイズが気になりませんでしたが、IC-7851はノイズが五月蠅いのです。まさに「どひぇ~~~~」って位の差に感じました。7メガはノイズでS7振れます。TS-990ではS4程度でした。
この日は特別にノイジーな日だったのは後日判明しましたが、この例は極端にしても、傾向は変わりません。

耳で聞いてもIC-7851はノイズが五月蠅い。その違いにびっくりする程です。TS-990みたいにAFの特性で高域をロールオフしていない関係もありますが、AGCがノイジーな環境を想定していない設定なのではないかな?
そういえばTS-990も発売当初はこんな感じでした。その後大幅なファームアップがあって、静かになりましたが、感度はそのままでAGCのアタックを中心としてチューニングされたと聞いています。

まぁ、ノイズが五月蠅いのはRFゲインを少し絞れば我慢できますが、どうもIC-7851はノイズの少ない田舎向けの無線機で、東京のような都市部で使うことをあんまり考えていないように感じます。
もう少しAGCの設定を考えて、田舎でも都会でも使いやすい無線機に仕上げてほしいなぁ・・・と思います。

その反面、非常に微弱な信号に対して、IC-7851は明瞭度が高いように感じました。TS-990でも聴こえるのですが、音がハッキリせず、霧な中からフワフワと信号が聴こえるような感じなのに対して、IC-7851では霧が晴れている感じで小さい音ですがメリハリのある音でハッキリと聴こえてきます。
これ、感度の差なのか、無線機の信号処理の差なのかわかりませんけど、微弱な信号の明瞭度はIC-7851の方が上です。これは感度や選択度とかでは表せないけど、大切な部分じゃないかと思っています。

IC-7800に変えた時に「IC-7800は飛ばない無線機?」って記事をアップしましたね。全く同じ経験をTS-990からIC-7851に変えてから何回か経験しています。
性能の差は僅差でしょうから、前回の時ほど極端ではありませんが、アンテナは同一で無線機のみの変更ですから、微弱な信号受信時と併せてTS990とIC-7851の一番分かりやすい比較かな?

それとツマミ類とかパネルとかの出来は当然ですがIC-7851の方が上です。無線機の性能とは無関係ですが、対価としてはそれ相応のクオリティを感じます。ただ、個人的にはブルーのLEDは好みではなく、アンバーか緑にして欲しかったです。

|

« リボンマイク用高性能トランス TRM-1 "響"を限定販売開始 ! | トップページ | キャパシタチューニング »

コメント

こんにちは、コラムを拝見させていただきまして少し安心した。
実は私はIC7800からIC7851に買い換え、そのあと八重洲991Aを買って色々比較しました。
何故か10mFMは991Aの方が感度よくノイズ少なく聞きやすくて、7851はノイズ混じりで感度悪い。念のためにIC7300でも比較しましたが、FMモードでは991Aの方が素晴らしく感度高かった。かなりショックでした。
もしかし7851はCWやSSBがメインとした設計でしょうかなと自己解釈した。
ノイズぽいのお話で多少関係あるかなと思いましたが、もしご経験あったら教えていただけると幸いです。

投稿: 黄克昭 | 2017年2月14日 (火曜日) 08時48分

こんにちは。
FMで比較したことはありませんし、そもそもFMモードでは殆ど使っていませんので、
なんともコメントできません。
但し、以前からICOMの無線機(HF機)はFMが今一つに感じていることは事実です。

投稿: JI1ANI/福井 | 2017年2月18日 (土曜日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リボンマイク用高性能トランス TRM-1 "響"を限定販売開始 ! | トップページ | キャパシタチューニング »