« スキマ同軸の交換 | トップページ | ハンドPTTスイッチ 量産中! »

2016年6月19日 (日曜日)

スイフトスポーツ ZS32C の整備状況

Night_cookpit

昨年から乗りだしたスイフトスポーツ。カーナビやオーディオ環境を整えて、常時インターネット環境も整って、想定外の無線機も取り付けて、やっと納車時にイメージした形になってきました。

左上のモニターはカーナビ、安価だけどレーダーと連動したり、OBD経由で車の情報読み出せるユピテル YPF781 にしました。

ユピテル YPF781は地図データのアップデートできませんが、地図が多少古くてもナビの大勢に影響ありませんし、そもそも以前は10年前の地図で走ってましたので気になりません。

地図が古いと畑や森、時には住宅地を縦断したりしますが、便利になったなぁ・・・・とシミジミと思うことができますcoldsweats01

左下はASUS Nexus 7です。7インチのタブレットを僕の考えた方法で取り付けるのに苦労しましたが、最終的にはバッチリ希望通りに取り付けできました。
取り付け方法はそのうち記事で紹介するつもりです。

Nexus7で最新のビデオクリップをネットから直接再生して、音に包まれて高速なんて走ると結構イイ感じです。また、3バンドアンテナで僕の好きな50メガの交信聞きながら走るのも面白いです。
そもそも、僕は面倒くさがりなので、端末にダウンロードして・・・とか、嫌なのが発端です。

ASUS Nexus 7はWIFIルーターでネットに常時接続しています。といってもルーターは運転する時に持ち込みです。
またNexus7はブルートゥースで車のデッキに接続しています。

ナビは取り付けてありますので、Nexus7はジュークボックスになっていて、運転中はYouTubeのミュージッククリップを聞いています。
もちろん、メモリ上の楽曲データも再生することが可能です。YouTubeは画像の品質をあげてHDなど高画質で再生すると、データ量が増えて、走行中など伝送レートが不安定なモービルでは再生が途中で止まります。

また、連日車を使うと、パケット制限にひっかかってしまいますので、転送レートを下げる目的で画質を360Pにしています。
360P程度なら、0.5Mbps程度で殆ど途切れることなく再生が可能です。

右側の黄緑色はICOM IC-706です。ブラケットは車のパネルにビス止めしちゃいました。最初は両面テープで貼り付けて固定していましたが、だんだん暑くなってきて、室内が高温になると剥がれて落ちてしまうようになりました。

乗ろうとすると、床にコントローラーが落ちている状態では困るので、思い切ってビスで固定しました。ビスで固定するとビシッと安定感があって、SSBのチューニングも的確にできるようになりました。

|

« スキマ同軸の交換 | トップページ | ハンドPTTスイッチ 量産中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スキマ同軸の交換 | トップページ | ハンドPTTスイッチ 量産中! »