« モービル電源ラインの引き直し ZC32S | トップページ | 堂平山 埼玉県ときがわ町移動 »

2016年7月22日 (金曜日)

DMS-07GTbisの完成イメージ

Middle_1468843398

ハムフェアで発売予定の真空管マイクアンプキット、DMS-07GTbisの外観はこんな感じになります。

一昨年のDMS-07GTと比べて、GT管の背が小さいです。僕はこのチビデブ具合がとても可愛く見えて大好きです。

12SN7は基本的には6SN7よりも背が低くなりますが、背の低さ加減も色々とありまして、今回は真空管の箱を開けてからのお楽しみになります。
写真はGEの12SN7の「あるバージョン」の場合で、同一メーカーでも製造時期や工場等の違いで、背の高さ(ソケットの厚みの差も含む)が異なります。

真空管の大きさは基本的に古いものほど大きくて新しいもの(1980年代とか)ほど小さくなります。

ST管→GT管→MT管→サブミニチュア管みたいな順番で、大きさが小さくなります。
でも出力管などはプレートの大きさが出力に比例して大きくなりますので、ソケットは他の真空管と共通ですが、形状は特殊なものが多いですね。

ハムフェアまで後一カ月、海の日は音創り研究会のメンバーでキット用のケース加工をしました。詳しくはDMS-07GTbis 第2回ケース穴あけをご覧ください。

|

« モービル電源ラインの引き直し ZC32S | トップページ | 堂平山 埼玉県ときがわ町移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モービル電源ラインの引き直し ZC32S | トップページ | 堂平山 埼玉県ときがわ町移動 »