« ハムフェア2016 音創り研究会 C-021 | トップページ | ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 »

2016年7月14日 (木曜日)

DMS-07GTbis GT管マイクアンプキット 準備中

1466374488

今年のハムフェア、音創り研究会はリボンマイクキットやハンドPTTスイッチに加えて、一昨年大好評だった真空管(GT管)を使ったマイクアンプキットの発売を予定して、現在キットの準備中です。

一昨年はヒーター電圧が6.3Vの6SN7でしたが、今年はヒーター電圧が12.6Vの12SN7です。6SN7と12SN7はヒーター電圧が違うだけで、他は一緒の兄弟管です。

実は急激な円安で従来真空管マイクアンプキットに使っていた部品が軒並み値上がりしています。真空管はもちろん、真空管ソケットなど細かい部品も値上がりしています。

そこでヒーター電圧が12.6Vで馴染みが薄いGT管(馴染みが薄い→人気が低い→価格も安い)の採用を考えましたが、数を揃えるのに一苦労。
また、国内に在庫はありませんので、海外からの輸入になります。それに12SN7は現行生産していませんので、NOS球となります。デッドストックとは違いますよ。
※NOS old parts for obsolete equipment that have never been sold at retail

いくらNOS球と言っても製造後20年は経過している筈ですから、保管の状態によっては全滅ってこともあり得ます。

そこで商社と交渉して、仕入先でチューブチェッカーにかけて選別して、良品だけを出荷していただき、仕入元で再度受け入れ検査をチューブチェッカーで確認する2重チェックとして、良品だけをキットに必要数購入する条件で数を揃えていただきました。

12SN7は多数のメーカーで生産されていたため、何十本も購入するとテンデバラバラのメーカーになってしまうのですが、それでは困るので、無理を言って数が確保できて品質的にも信頼感のあるRCA、SYLVANIA、GEの3社で球を揃えました。
恐らく地球上に存在する12SN7のNOS球ストックの10%くらいを今回のキットで使う計算になります。

12.6Vのヒーター電圧だと、13.8Vの定電圧電源を使って、抵抗で電圧を少しドロップさせるだけでヒーターに使えます。2014年に発売したDMS-07GTよりも回路が簡素化されますので、工作難易度も少し低くなります。
もちろん、キットの価格も少し下がるように・・・・努力しています。

肝心の音質は、DMS-07GTをレファレンスとして、12SN7バージョン(RCA、SYLVANIA、GEともに)聞き比べても、真空管単位でのバラツキ程度の違いはありますが、DMS-07GTと同等でした。
MT管と比べてGT管は太くて大きいため存在感があります。どっしりとした存在感を楽しみつつ真空管のまったりした音でラグチューしていただきたいと思います。
今週末は頑張って残りのケース加工に励みます。

|

« ハムフェア2016 音創り研究会 C-021 | トップページ | ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハムフェア2016 音創り研究会 C-021 | トップページ | ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 »