« ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 | トップページ | モービル電源ラインの引き直し ZC32S »

2016年7月18日 (月曜日)

リボンマイクキットDRM-02 準備中

67

発売中のリボンマイク用トランス TRM-1 は、このリボンマイクキットのために開発されました。
TRM-1の特性を最大限に引き出す設計になっているモーター部とTRM-1のセットがDRM-02です。

DRM-02キットにマイクケースは付属しませんが、今話題沸騰中の中華マイクBM-800のケースにスッポリ収まるように設計しました。

DRM-02の開発は、試聴と、著名メーカーのマイクロホンとのガチンコ勝負を繰り返し、音質に磨きをかけています。
写真はガチンコ勝負中のDRM-02(BM-800ケース入り)

DRM-02にはDRM-01リボンマイクキットでのノウハウやRCAを始め、各社のリボンマイクを分解して得たノウハウも全て集約しました。

ガチンコ勝負の武者修行や開発の経緯についてはDRM-02企画担当のJA1BBP局のブログに紹介されています。

同じ録音ソースでガチンコ勝負した著名メーカーのマイクロホンよりも高い評価を付ける人が多数だったとのこと。
マイクロホンとしては素晴らしい結果を得ています。(ケースはBM-800に入れてテストしています)

TRM-1の完成からDRM-02リボンマイクキットの完成までの軌跡は下記のブログ記事をご覧ください。

DRM-02リボンマイクキットはハムフェア2016の音創り研究会ブースで発売開始、以後通販でも販売する予定ですが、在庫はそう多くありませんので、売り切れ次第発売終了となります。
ハムフェアで売り切れた場合は、通販では販売しませんのでご容赦ください。

DRM-02開発の軌跡

|

« ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 | トップページ | モービル電源ラインの引き直し ZC32S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンドPTTスイッチ ハムフェアにて発売 1,500円 | トップページ | モービル電源ラインの引き直し ZC32S »