« 7MHz用 同軸トラップ | トップページ | 軽量版7MHz用 同軸トラップ »

2017年1月22日 (日曜日)

デュアルバンドエレメント失敗

Wp_20170122_10_26_10_pro

同軸トラップで、7メガと7メガより波長の長いバンド、3.5か1.8のデュアルバンドに瞬時にQSYできるようになりました。

最終目標はトリプルバンド(7-3.5-1.8)です。ずっと考えていたデュアルエレメントを試作してみました。

写真は工作中でほぼ完成状態。このあと、両側のグラスポールで10mに上げてテストしました。

エレメントの間隔は25cm、上が1.8で下が3.5です。7メガのトラップの後に接続しています。ところが、3.5メガでは全く共振点が見つからず、7と1.8メガのみ。

どうやら、途中から分岐する方法では上手く波が乗らないようです。HFのマルチバンドモービルホイップと同じ形式なんですが、乗らない理由は??

イケると思ったのですが、おお外れでした・・・・。

給電点から直接分岐するマルチワイヤーマルチバンドアンテナは多数実例があるんですけどねぇ・・・。
7メガの同軸トラップか、根元の短縮コイルあたりの影響なんでしょうね。残念。

|

« 7MHz用 同軸トラップ | トップページ | 軽量版7MHz用 同軸トラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7MHz用 同軸トラップ | トップページ | 軽量版7MHz用 同軸トラップ »