« 軽量版7MHz用 同軸トラップ その2 | トップページ | RG-316の減衰特性 »

2017年3月 5日 (日曜日)

RG316使用7&3.5メガ用同軸トラップ

P_20170305_001800_vhdr_auto

RG316を使った同軸トラップを製作しました。7メガ(写真左)と3.5メガ(写真右)です。

今までのように、同軸の束はユルユルではなく、結束バンドでガッチリと固定していますので、ちょっと触ったりしたくらいでは共振周波数は動きません。

2箇所を輪ゴムでキツく固定した状態では、7.3メガ、3.6メガ付近で共振していましたが、ご覧のように何カ所も結束バンドで固定していくことで、共振周波数が下げて調節しています。

7メガ(写真左)は狙った7025kHzまで下がらないかと思いましたが、ご覧のように多数の結束バンドで締め上げることで目標の周波数まで共振周波数が下がりました。

また、あるOMさんから、同軸トラップの放電は被覆を剥いて2本にバラケタ時の芯線と同軸のシルード(網線)間で発生することが多い・・・との経験談を教えていただきました。
つまり、Φ形は形状上、放電しやすい形となります。でも、バーチカルの場合は、Φ形じゃないと使いにくいのですよねぇ・・・。

放電対策として、白色(テフロン被覆)の芯線と同軸はなるべく離し、最低でも数mmは離れるように取り回しています。
一般的に絶縁物が大気の場合、1mmのギャップだと耐圧は1kVと言われていますので、これで結構耐圧を稼げるのではないでしょうか?放電したことないのでわかりませんケド・・・。念のためです。


諸元

7メガ用同軸トラップ(写真左)

共振周波数  7025kHz付近
同軸  RG-316   
直径  約6cm
巻数  6.5回
形状  空芯Φ形
同軸長さ 129cm
※同軸の被覆を剥いた長さは片側3cm


3.5メガ用同軸トラップ(写真右)

共振周波数  3525kHz付近
同軸  RG-316   
直径  約7cm
巻数  10.5回
形状  空芯Φ形
同軸長さ 238cm
※同軸の被覆を剥いた長さは片側3.5cm

Φ形にするため、直径を微妙に調整していますので、上記の諸元は目安です。同軸長については同じRG316でも微妙に異なると思います。
今回使用したRG316は中国製(?)と思われるため、RG316のスペック通りではない可能性があります(長さ辺りの静電容量が多めに感じます)。

|

« 軽量版7MHz用 同軸トラップ その2 | トップページ | RG-316の減衰特性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽量版7MHz用 同軸トラップ その2 | トップページ | RG-316の減衰特性 »