« Tiny-CAT SCR Preselectorの効き具合 | トップページ | ダイバーシティ受信によるノイズキャンセル »

2017年4月 9日 (日曜日)

ApexRadio 303WA-2 エレメント延長

P_20170409_135826_vhdr_auto

ノイズキャンセラーにはApexRadio 303WA-2を2本、14m間隔で設置しています。ハム用のゴツイアンテナを除いたHF帯受信用アンテナの中から下記の条件をクリアしたアンテナです。

・HF帯(できればVHF/UHFまで)でカバーしていること
・設置が簡単で小型、軽量であること
・パッシブ型であること

本当は無線用のマルチバンドバーチカルを2本建てたいところですが、そうも行きません。303WA-2は全長1.8mとHF用としては短いです。見た目はHF用のモービルホイップそのもの。途中にコイル部がありませんので、見た目はスマートです。

写真が303WA-2を実際に上げているところです。以前の記事で紹介しましたが、その後、いろいろと試してみましたが、扱いの簡便さと性能のバランスでは303WA-2より優れているアンテナは無いのではないかと思います。

例えばモノバンドなら、ハムスティックが安価で性能が良いのですが、マルチバンドにはできません。
マルチバンドと言ってもモービルホイップで1.8メガが聴こえるアンテナはありません。3.5メガのホイップでは、1.8メガはアッテネータです。

303WA-2だと、1.8メガをワッチすると、強くはありませんけど聴こえるのです。スクリュードライバーで聴こえる信号は全部聴こえるし、ノイズが少ないのでかえって聴きやすいことが多いです。

そこで303WA-2のローバンドでの性能をアップさせるべく、エレメントを伸ばしてみました。303WA-2のエレメントは3本繋ぎですが、一番下のエレメントは根元も先端も4mmΦでテーパーがありません。

そこでホームセンターで4mmΦ x 1mのステンレス丸棒を購入して、オリジナル(50cm)と交換してみました。全長は1.8mから2.3mになります。フラフラすることもなく、強度的には問題無さそうです。

オリジナルの303WA-2のHF帯SWR特性(シャック側で計測)

303wa2_18m

1.8メガと3.5メガがSWRの山に来ていますね。できれば谷になって欲しいところです。

エレメントを延長した303WA-2のHF帯SWR特性(シャック側で計測)

303wa2_23m

あんまり変わっていないように見えますが、良くみると谷の部分でSWRが低くなっています。エレメントが50cm伸びたのに対して、気持ち全体的に低い周波数へシフトしたように見えます。
また、実際の受信感はSWRとは違って、1.8~7メガまでの受信はS1~2程度良くなったような印象です。

余談ですが、取り外した根元のエレメント、ステンレスだと思っていましたが、たまたま置いてあったリボンマイク用の磁石にくっつきました。鉄にクロムメッキかも・・・。
だとすれば、表皮効果はあるものの、鉄→ステンレスになって、抵抗が減ってとか、受信でも関係あるかも。

|

« Tiny-CAT SCR Preselectorの効き具合 | トップページ | ダイバーシティ受信によるノイズキャンセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tiny-CAT SCR Preselectorの効き具合 | トップページ | ダイバーシティ受信によるノイズキャンセル »