« 受信アンテナの計測 | トップページ | ALPINE KTP-500 4チャンネルパワーアンプ »

2017年4月23日 (日曜日)

DC-DCステップダウンパワー・サプライ可変モジュール

F207bc3b7a2a43a78343baf0eb86bf7d

中華製のDC-DCステップダウンパワー・サプライ可変モジュールが安価に入手できるので、ダメ元で2個注文しました。
たぶん1個、もしくは全滅だろうなぁ~って思って到着してみると、ナントsign012個とも良品でした。

ちょっと大げさに書きましたが、中華製のボードの購入は、このくらいの気持ちで購入しないと余計なエネルギーを使うはめになります。スペックは以下の通り。

コンバータの種類:DC-DC
入力電圧:5〜20V
出力電圧:0V〜16.5V(連続可変)
ピーク電流:3A
メインボードのサイズ:50mm x 30mm x 12mm(LxWxH)
ディスプレイモジュール:STN LCD
LCDサイズ:37.5mm x 17.0mm(LxW)
LCD精度:1%
変換効率:95%
Load regulation S(I): <= 0.8%
Voltage regulation S(U): <= 0.8%

なかなか立派なスペックじゃないですか?購入したのはアクリルケース付きとボードのみの2種類。

校正の仕方で悩みましたが、左側のボタンを押しながら通電を開始、液晶が点滅するキャリブレーションモードなのを確認してから、出力電圧をテスターで計測しつつ、基板上の液晶に表示された電圧に、基板上の電圧UP Downポタンを使って、出力電圧を合わせて電源offすれば終わりです。

出力電圧は0.04Vステップで調整できますので、目的電圧の±0.02V以内に調整できます。手持ちのテスターとの比較ですから、実際はもっと正確かもしれません。

19V出力のパソコン用のACアダプタを使えば、安価なDC電圧可変電源として重宝しそうです。
購入は Banggood です。到着まで10日程度。

スマホの充電実験では、13.8V in 5V1A out 程度は連続でも問題無いようです。効率が良いため発熱はほぼありませんでした。お買い得でした。

|

« 受信アンテナの計測 | トップページ | ALPINE KTP-500 4チャンネルパワーアンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受信アンテナの計測 | トップページ | ALPINE KTP-500 4チャンネルパワーアンプ »