« RPA-1 の修理 | トップページ | 究極のハンディHFトランシーバー IC-795i! »

2017年4月 1日 (土曜日)

RPA-1 の修理 その2

P_20170329_214011_sres

代替パーツとして注文していたオムロンのG6A274PのDC12Vがとどきましたので、早速交換しました。

写真右奥が交換したオムロンのG6A274Pです。オリジナルのMulticompのMC25119と比べてて動作音が静かです。

以前はカチカチして五月蠅かったのですが、気にならないくらい静かになりました。寿命も伸びるといいのですが、どうでしょうか?

RPA-1はもう一つ持っていますので、保守用にリレーを多めに注文したのですが、一個500円程度と、以外と高いように感じました。

交換後、ケースに入れて通電してみましたが、問題なく動作しています。

|

« RPA-1 の修理 | トップページ | 究極のハンディHFトランシーバー IC-795i! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RPA-1 の修理 | トップページ | 究極のハンディHFトランシーバー IC-795i! »