« DCDC基板のノイズ対策 | トップページ | APB-3用の低ノイズ電源 »

2017年5月 5日 (金曜日)

ICOM用CI-Vケーブル

P_20170505_031307_vhdr_auto_2

無線機をPCでコントロールするためには、無線機に対応したケーブルでPCと接続します。最近の無線機ならUSBケーブルで一発ですが、ちょっと古い無線機では、オプションの接続ケーブルや、接続機器が必要です。

ICOMはCT-17という、接続機器が必要ですが、CT-17があれば接続ケーブルは一般的なケーブルが使えるので、接続ケーブルで悩むことはありません。

ところがCT-17抜きで、無線機とPCを直接接続しようとするとケーブルを自作するか、社外品を購入することになります。
実はICOM無線機とPCの接続ケーブルは安価に自作できるので、紹介します。

ストロベリーリナックスや秋月でTTL-232R-5Vという、USBシリアル変換ケーブルを販売しています。このケーブルに市販のミニプラグ(3.5Φモノラル)を接続するだけで、ICOMのCI-V端子とPCのUSB端子を接続できます。

TTL-232R-5Vのヘッダーソケットを取り外して、ミニプラグを取り付けますが、結線は以下のようにします。


 ・
:GND                →       スリーブ(ミニプラグの円筒形の金属)                           
 ・
:CTS(入力)       →        RTSとショート、ミニプラグには接続しない
 ・
:VCC(5V)         →        NC(どこにも接続しない)
 ・
:TXD(出力)       →        RXDとショートしてTip(ミニプラグの先端)と接続
 ・
:RXD(入力)       →       TXDとショートしてTip(ミニプラグの先端)と接続
 ・
:RTS(出力)       →       CTSとショート、ミニプラグには接続しない


注意点はVCCがどこかにタッチしてショートしないようにすること、CTSとRTSをショートすることの2点です。また、自作のケーブルを無線機やPCに接続するわけで、場合によっては無線機やPCを壊す可能性が十分あることを認識して、間違えないように自己責任で製作してください。
なお、出力と入力をショートさせる??などの余計な疑念は失敗の元です。表の通りに結線してくださいhappy01

僕はこのようにして製作したケーブルでIC-7000とWin10のPCで無事接続できました。TTL-232R-5VはUSBシリアル変換にFTDIのチップを使っていますので、USBシリアル変換ケーブルを初めてPCに接続する場合には、ドライバーのインストールが必要です。また、よく似た製品にTTL-232R-3V3があります。
こちらは信号電圧が3.3Vで、今回の用途には使えませんので間違えないようにしてください。

|

« DCDC基板のノイズ対策 | トップページ | APB-3用の低ノイズ電源 »

コメント

「出力と入力をショートさせる??」と言うと聞こえが悪いので、「RTSをCTSとしてそのまま折り返してやります」と言った方が穏当ですか。。coldsweats01
それで、TXDとRXDを繋ぐ方が気になったのですが、CT-17の回路図を検索してみると、これは複数のリグをwired-OR的に接続するためにもこうしているという感じですか。

JH1OOD/Mike

投稿: Mike | 2017年5月 6日 (土曜日) 14時25分

Mikeさん
その通りです。TXDとRXDを繋がないと通信できないのは容易に想像できるけど、RTSとCTSは馴染みが無いのでNCにしちゃうかな?と心配しました。
動作的にはその通りではないかと想像しています。各社のCATの中では、わりと高度(?)な部類ですが、コリジョン対策はしていなかったと記憶しています。

投稿: JI1ANI/福井 | 2017年5月 6日 (土曜日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DCDC基板のノイズ対策 | トップページ | APB-3用の低ノイズ電源 »