« 低雑音直流電圧可変電源の組み立て | トップページ | 自作マイクアンプの利得変更 »

2017年5月27日 (土曜日)

低雑音直流電圧可変電源完成

P_20170524_000559_vhdr_auto

安価な中華DCDC基板を使った低雑音電源が完成しました。といっても前回気付いた出力スイッチとLEDを取り付けただけです。

LEDは電圧出力中に点灯します。主電源スイッチは無しとして、ACアダプタの抜き差しで行うことにしました。

気持ちの問題として、DCDC基板から本体内へ入出力線を引き込んでいますが、その引き込み線にアモルファスビーズを追加しました。

写真は20Ω×2の抵抗(合成で10Ω)を負荷にしてテストしているところ。

完成したDCDCは中々の特性になりました。

80mA時
Dcdc_2

470mA時
Dcdc_10

0.5A程度の負荷でも、あまりノイズは増えていません。

低周波の特性も良くなりました。
Dcdc_3

小型の電圧可変電源、シャックに1台あると、なにかと便利ではないかと思います。

|

« 低雑音直流電圧可変電源の組み立て | トップページ | 自作マイクアンプの利得変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低雑音直流電圧可変電源の組み立て | トップページ | 自作マイクアンプの利得変更 »