« リレーモジュールボードを使ったアンテナ切替器の実験 | トップページ | マイク切替器の製作 »

2017年7月 9日 (日曜日)

音創り研究会 ハムフェア2017に出展します

Scs_2_2_2_2

音創り研究会はハムフェア2017に出展します。ブース番号はC-053です。また、今年のハムフェアは9月2日(土)と3日(日)の二日間です。8月下旬ではありません。

販売企画中の新キットは2種類。真空管(国産のNOS球ですよ~)を使った、マイクアンプ兼ヘッドホンアンプキットDMS−11H&Mと、コンデンサーマイク用のファンタム電源キットDPP-01です。
また、昨年好評だったGT管のマイクアンプDMS07GTbisやハンドPTTスイッチも販売します。

真空管マイクアンプ兼ヘッドホンアンプキットの完成イメージはこんな感じです。赤いケースに黒ビス、黒トグルで纏めてあります。真空管ソケットが内付けなので、上面はスッキリしています。
真空管は12BH7で、発売当時のオリジナルの紙ケース入りのNOS球をやっと確保しました。もちろん、全球動作テスト済ですからご安心ください。
写真の真空管は日立製、12BH7は東芝と松下と日立のいづれかがキットに付属します。
開発者は「12BH7は現行品(海外生産品)もあるけど、やっばり国産の球は違うなぁ・・・」と申しておりました。

また、12BH7のピン配列は9Aですから、12AU7や12AT7辺りに差し替えて音の違いを楽しむこともできるでしょう(動作は保証外)。
価格などの詳細は決まり次第お伝えします。

Img_3948

ハムフェアで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

|

« リレーモジュールボードを使ったアンテナ切替器の実験 | トップページ | マイク切替器の製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リレーモジュールボードを使ったアンテナ切替器の実験 | トップページ | マイク切替器の製作 »