« ノイズ受信アンテナの感度 | トップページ | 303WA-2 80mのノイズキャンセル強化 »

2017年10月11日 (水曜日)

Apple純正のライトニングケーブル

P_20171011_101417_vhdr_on_1

Apple純正のライトニングケーブルの被服が剥けて、網線が見える状態になったので、大事を取って新品に交換することになりました。

僕は廃品となった純正のライトニングケーブルを頂いて、電線とUSBプラグを活かして電源ケーブルにしました。

写真は被服を剥いた状態のApple純正ライトニングケーブルです。
USBケーブルを自作したり、分解した方は理解できると思いますが、このシールド線、外皮の網線の密度と柔らかさは尋常ではありません。

こんなシールド線、高くて普通は使いませんです。同軸で言えばRGシリーズのテフロン同軸みたいな網線なんです。
しかも、網線の内側に5D-FBみたいにアルミ箔層もあって、シールド層は2層構造です。

もちろん、シールドされた内側の信号や電源ラインもしっかりとしたケーブルでした。白くすれば高く売れるとか悪口言われるけど、白いだけじゃなくて、ちゃんとやってるのが良く判りました。
しかし凝ってるな~。これが6Sとかに普通についてくるわけです。Apple恐るべし・・・・。

しかし、普通の人にはオーバースペックですねぇ・・・(ボソ)

|

« ノイズ受信アンテナの感度 | トップページ | 303WA-2 80mのノイズキャンセル強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノイズ受信アンテナの感度 | トップページ | 303WA-2 80mのノイズキャンセル強化 »