« FT8モードのモニタリング | トップページ | 3583kHzの気象FAXが3573kHzで聞こえる その3 »

2017年10月22日 (日曜日)

T2AR 3.5/FT8

台風に備えて、ヤギはローテータを外して1m程低くして回転しないように固定。スクリュードライバーもエレメントを取り外して、本体を手摺りに固定しました。
先端のコイル部と屋上の手摺りは10cm程度しか離れていません。当然ながら給電部からコイルまでの70cmのマストは手摺りとほぼ平行状態。

ノイズキャンセル用のサブのホイップアンテナでワッチしていると80mのFT8でT2がよく見えています。みなさん+6dBとか強いレポートを交換しています。
とはいっても送信できるアンテナは畳んだし・・・・

でも、T2のデジタル、ニューなんですよね。そこで駄目もとで本体だけ、しかも寝かせたスクリュードライバーのコイルを回転させると・・・・・なんと3.5メガでちゃんと同調するじゃありませんかsign03SWR1.2です。

理由は後回し、SWR1.2を信じてフルパワーでT2をコール。それなりのパイルアップなので御本尊の100Hz程下で数回コールしてスタンバイしていると・・・・程なくコールパックがありました。

送りが-15dB、受けが-16dBと他の方より20dB程落ちるレポートですが、いいんです。交信できれば。
T2はRTTYの運用はペディの時などに実施されていますが、RTTY以外のデジタルモードの本格運用は今回が初めてだと思います。
このスプリットで数回コールして、コールバックを待つところとか、自分で作った仕掛けを、狙った深さに沈めてアタリを待つ・・・釣りに通じるところがあるような・・・、無いようなhappy01

|

« FT8モードのモニタリング | トップページ | 3583kHzの気象FAXが3573kHzで聞こえる その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FT8モードのモニタリング | トップページ | 3583kHzの気象FAXが3573kHzで聞こえる その3 »