« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月29日 (水曜日)

同軸の引き回し

P_20171129_135406

屋上での同軸の引き回しは、屋上に置く形にして、ラジアルからなるべく離すようにしています。
ラジアルと一緒に束ねると、コモンモード電流が増えるので、ラジアルと同軸はなるべく距離を取るようにしています。
とはいっても、中々難しいのですが・・・。5cmよりも30cmって感じでしょうか。

先日、屋上でアンテナの点検をしていたら、銅テープで引き回している建物の鉄筋に接続しているアース線が切れているのを見つけました。なんせ強度の低い銅テープですから、鉄筋との接続部分が傷んだようです。

その修理をしている時にflairました。

銅テープのアース線は写真のように、屋上のアルミ手摺りの下側に貼っています。アルミの手摺りはアース線と電気的には接触していませんが、静電結合により、アースとして動作していると考えています。

であれば、同軸はアルミの手摺りの内側に入れてしまってはどうか?幸いアルミ製手摺りの下部はCチャンネルで下から同軸を押し込めます。
そのままでは落ちてしまいますが、結束バンドで垂れ下がらないように留めておけば、Cチャンネル内部に収まります。

続きを読む "同軸の引き回し"

| | コメント (4)

2017年11月26日 (日曜日)

ノイズレベルの差

Photo

メイン(送受信)とサブ(ノイズキャンセル用)アンテナの受信時の違いは結構あって、サブのみでデコードできる場合を10とすると、メインのみで受信できることは1~2程度です。
つまり一桁ローバンドでは、デコード率はサブアンテナの方が高い状態です。メインアンテナは、普段は全長4.5mのスクリュードライバーですが、コンテストなどにはグラスポールをのばして、全長14mのトラップバーチカルを使います(1.8&3.5は短縮)。

いくらプリアンプ付きで、設置場所が13m違うとはいえ、フルサイズのアンテナよりも短いアンテナの方が効率が高いわけはありません。
やはりアンテナの設置場所が異なることが大きなポイントでしょう。

設置場所で異なると言えば、集合住宅の場合は近隣ノイズの差です。自宅でインバーター類レスの昭和家電を使い続けても、両隣がインバーター等の平成家電を使えば、インバーターノイズに悩まされます。

戸建てだと10m程度は離れますけど、集合住宅の場合は壁一枚。コンクリートであっても、アンテナをだすベランダには壁はありません。隣家のエアコン室外機とは数mです。
たとえ屋上であっても、階下のお家で何処に何が設置されているのかで、屋上の場所によってノイズレベルが異なります(受信機持ってウロウロするとわかります)。

続きを読む "ノイズレベルの差"

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木曜日)

Kiwi SDR

M11864

秋月の通販サイトをみていたら、Kiwi SDRを販売しているのを見つけました。
以前から販売しているのかもしれませんが、気がつきませんでした。

24.8kと秋月価格で、輸入するより安価に入手できるようです。
Kiwi SDRは短波帯専用ですが、受信性能は高くて無線機並ですから24.8kはお買い得だと思います。
GPSも付属しているので、測定器並の周波数精度でスペアナとしても使えますしね。

今更なんですが、Kiwi SDRの名前は知ってる、概略も理解している方々は多いと思いますが、実際に「体験した」ことがある方や、「使っている」方は、そんなに多くないように思います。

Kiwi SDRはWebインターフェース、つまり、ブラウザで操作するので、特別なソフトやドライバーのインストールは不要で、ネット接続できるPCがあれば、既に公開されているKiwi SDRに接続して、受信状況を体験することができます。

続きを読む "Kiwi SDR"

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日曜日)

W4RRY バッテリーブースターの修理 その3

I06729

怪しいパワーMOS FETを取り外してみると、ショートしています。取り外した状態で通電してもヒューズは飛びませんので、原因はやはりTK72A08N1の熱破壊というか、僕の取付不良のようです。

幸いTK72A08N1は秋月で販売中なので、予備を含めて2個購入して交換しました。

スルーホールの掃除は、いつもならハンダすー太郎を使うのですが、今回は半田吸い取り線でスルーホールの中の半田を除去しました。
前回の交換時に、ハンダは日本アルミットのKR-19RMAを使って取り付けたので、半田吸い取り線で綺麗に吸い取れました。

TK72A08N1は前回と同品と思っていましたが、実はモールドタイプに変更されていました。モールドタイプだと取付が楽なので嬉しい変更ですが、左右ペアじゃないので、ちょっと心配ですが、まぁ、不具合がでたら、もう片方も交換すればいいや・・・と今回は故障したFETのみ交換です。

続きを読む "W4RRY バッテリーブースターの修理 その3"

| | コメント (0)

2017年11月18日 (土曜日)

主従逆転の巻

ノイズ受信用のサブアンテナで色々と試しているのはご存じのことと思います。今はBCL用として定評のある303WA-2を使っています。中波帯~VHF帯まで、かなり高性能なアンテナです。

ノイズアンテナですから、ノイズが強く受信できればいいのですけどノイズだけ受信するのは難しくて、狙った信号も受信しちゃいます。
それが結構な強さが受信できることもあって、最近はノイズが出ていないときはノイズアンテナを積極的に受信に活用しています。メインのアンテナを補完するサブアンテナですね。

ところが、303WA-2だとサブじゃなくて、メインになりそうなんです。つまり、メインのアンテナでが送信アンテナになりそう・・なんです。
以下のデータはメイン(右側)はグラスポールで上げた全長13mの80/40/30mのトリプルバンドバーチカル。80mでも30%程度しか短縮していません。

サブ(左側)はエレメントを50cm延長した全長2.3mの303WA-2です。給電点には中波帯をカットするHPFとプリアンプを入れています。ノイズの受信感度はメインアンテナに5dB程度劣る程度です。

まずは7メガでの聴き比べ。ソフトの設定も無線機の設定も共通です。IC-7851はメイン受信機とサブ受信機は全く同一なものですから、アンテナ以外の条件は同一です。

7メガ
・アンテナ(左 303WA-2+プリアンプ、右自作トラップバーチカル)

事例1

40m_2

事例2

40m2

続きを読む "主従逆転の巻"

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金曜日)

IC-785xのUSBシリアルポート

Usb_wjst

IC-785xには従来のCI-V端子でのCATコントロールに加え、USBでのCATを含めた各種コントロール機能が搭載されています。

CI-V端子は専用のケーブルを自作するか、CT-17を購入してPCに接続する必要がありますから、新しいUSB端子をPCに接続してCATしたいところですが、連携するソフトによっては上手く動作しないことがあります。最近利用者が増えているWSJT-Xもその一つ。

CI-V端子経由では問題無く動作しますが、USB経由では初期設定値では動作しません。MMTTYやMMVARIは問題なく動作するのですが、WSJT-Xが動作しない(連携しない)のは、WSJT-Xに用意されている初期設定ファイルに問題があるか、もしくはソフト側で通常は使わないような細かいコマンドを使っているように感じています。

WSJT-XはUSB経由ではなく、CI-V経由で動かせばいいのですが、僕の場合、そちらはロギングソフトLogger32やLogger32と連動したMMTTY等が動作しているため、USB経由で連携させたいため、IC-7851とWSJT-xの設定をいじってみましたが、写真の設定で、WSJT-Xの基本的な動作ができるようになりました。

続きを読む "IC-785xのUSBシリアルポート"

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »