« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月28日 (火曜日)

ムラタ エミフィルDSS1NB31H104 その2

05lite-f 単体で計測してみても、問題なさそうなので実際にマイクアンプに組み込んでみました。エミフィルを組み込んだ後の周波数特製はこんな感じです。組み込んだのは出力側で、無線機などに接続して出力ケーブルから基本波や高調波がマイクアンプに流れ込むのを素子する目的です。

50KhZを過ぎた辺りからエミフィルの効果がでているようですが、そこまでは基準値(緑)とほぼ一緒。グラフは基準値を正規化できれば(直線になれば)もっとみ易いのですけど・・・

このグラフだとパッと見、低域が落ちているように見えますが、そんなことはありません。無線用のマイクアンプとしては全く問題ないでしょうし、ハイレゾで録音しないかぎり問題にはならないと思います。

マイクアンプへの回り込みについては、出力ラインはインピーダンスも低いので、あまり心配はしていませんが、この減衰特性を見ると、予防として入れる価値はありそうです。

因みに試作中のマイクアンプ、電池を電源にしたコンパクトなものになる予定。回路は基本的にDMS-05と同じですが、電源回りを乾電池用に変更しています。気になるオーディオ帯域の周波数特性は

続きを読む "ムラタ エミフィルDSS1NB31H104 その2"

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日曜日)

ムラタ エミフィルDSS1NB31H104

P_20190525_093726_vhdr_auto_1  回り込み予防として便利に使っている三端子コンデンサ、短波帯がターゲットなので0.1uFを愛用しています。電源回路だけではなく、オーディオラインにも入れてますが、モニターしている限りでは低周波では減衰も感じませんし、高域も問題ありません

夏のハムフェアに向けてマイクアンプキットを企画していますが、回り込み防止にコイツを採用するつもりですが、実際に周波数特性を測ったことがなかっので、基板に載せてネットワークアナライザで計測してみました。

仕様書ではこんな感じで24が0.1uFの周波数特性です。

Dss1

10MHzを中心にして2~50MHzで-30dB程度の効果がありそうです。

続きを読む "ムラタ エミフィルDSS1NB31H104"

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日曜日)

電源分岐ケーブル

DC電源といえば2.1mmのものが標準で、シャック内には2.1mmのDCプラグでDC電源供給している機材が結構あります。

電源は無線機と一緒の大きな定電圧電源にしていますが、DC電源ケーブルが何本も机の裏側にあって、綺麗じゃないし、回り込んだりてし面倒です。

そこで、従来の配線に二股とかの電源分岐ケーブルの登場です。

信じられないくらい安価に入手できますが、僕の経験では3回購入して3本とも不具合がありました。3本の内訳は2分岐が2本、4分岐が1本です。

不具合は「断線」が2件、プラグのサイズ違いが1件、購入した3本全てに不具合が発生し、購入目的である2分岐、4分岐ができませんでした。

 

いゃぁ~、まさにゴミを買っているような感じですが、見た目はヨサゲなんですよねぇ。で実際に使ってみると、電源がこない・・・プラグやジャックをみても「普通」・・・、内部の接続部で問題があるのでしょうねぇ。

傑作なのは、イソイソと差し込もうとして入らない件、一個だけ2.5mmΦなんです(笑)。こりゃ2.1mmΦには入りませんね。取り付ける時に間違えたっぽい。って、つまり出荷検査ナシ、もしくは、検査落ちの不良品の特価販売かな。

ちなみに3本は購入店も時間も種類も異なるものですが、どれも使えません。これだけ不良品が当たると、DC電源分岐ケーブルは全部まがいもの・・・といいたくなります。皆さんもご用心。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土曜日)

OPantenna Ver10に切替

 

16030m_1 pskreporterにスポットしている受信システムのアンテナをOPantenna Ver.10にアップグレードしました。Ver.10は160m~30mバンド用としてチューニングしたローバンド版。2mや6mでは使えませんが、その分ローバンドの感度を上げています。
一昨日の午前中に取り替えたので、24時間以上運用していますのでpskreporterで「24時間」を指定しても、Ver.10にしてからの受信状況が表示されます。

 

pskreporter用のアンテナは、ハイバンド用のヤギ、MA-5Bの上に上げてありますが、MA5Bも含めたアンテナマストの上下は人力です。
本来はVer.10の給電点にはゴツイ中波帯向けのコモンモードフィルターを挿入すべきですが、今回は重量の関係から断念。結果として同軸受信した信号が本来のアンテナ(プローブ)での受信成分に加算され、3~10dB程度感度があがってしまいました。

感度があがるのは嬉しいですが、中波のお化けが出現するのは不味いです。それにそのままではSDRの入力でオーバーフローしちゃうので、SDRのRF増幅率はほぼ0dBに設定してあります。
アンテナ整備の機会をみて、Ver.10の増幅率を下げて対応したいと思います。

逆にいえば、アンテナ給電点の中波帯コモンモードフィルターは、それなりに効果がある・・ということですね。思わぬ反証実験になりました。

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »