« 電源分岐ケーブル | トップページ | ムラタ エミフィルDSS1NB31H104 その2 »

2019年5月26日 (日曜日)

ムラタ エミフィルDSS1NB31H104

P_20190525_093726_vhdr_auto_1  回り込み予防として便利に使っている三端子コンデンサ、短波帯がターゲットなので0.1uFを愛用しています。電源回路だけではなく、オーディオラインにも入れてますが、モニターしている限りでは低周波では減衰も感じませんし、高域も問題ありません

夏のハムフェアに向けてマイクアンプキットを企画していますが、回り込み防止にコイツを採用するつもりですが、実際に周波数特性を測ったことがなかっので、基板に載せてネットワークアナライザで計測してみました。

仕様書ではこんな感じで24が0.1uFの周波数特性です。

Dss1

10MHzを中心にして2~50MHzで-30dB程度の効果がありそうです。

実際に計測してみると、計測用のケーブルの影響がでるようで下記のような結果となりました。

Dss1jigu_-apb3

中心周波数が6.5MHz付近になっていますが、20kHz以下には影響が無く、マイクアンプのオーディオラインに挿入しても問題なさそうです。

|

« 電源分岐ケーブル | トップページ | ムラタ エミフィルDSS1NB31H104 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電源分岐ケーブル | トップページ | ムラタ エミフィルDSS1NB31H104 その2 »