« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月29日 (土曜日)

1200MHz帯のアンテナ

Sbb2-swrIC-9700が人気で、トライバンダーがブーム?のようです。僕もちょっと古いトランシーバーですが、発売当時に「いいなぁ~♡」と思っていた144・430・1200のトライバンダー、TM-941を入手しました。3バンド同時受信がウリです。

人生初の1200メガ、JARDに保証をお願いして変更手続も終わりましたが、困ったのがアンテナ。ヤギの上に取り付けたモービルホイップを1200メガ対応のホイップに取り替えるつもりでしたが、種類が少なくて選択の幅が狭い。

簡単にいえば、お手頃価格のホイップがありません。チョロッと遊ぶだけのつもりなので、立派なホイップではなくて、簡単なものが欲しいわけです。そこで手持ちのホイップに「1200が乗るかも・・・」などと甘いことを考えて、片っ端から調べてみました。

いゃぁ、あるんですね。1200がナントカ乗っちゃうホイップが。コメットのSBB2です。アンテナアナライザーで調べると図のような特性で、1200でも一応SWR2以下で使えるようです。

一カ月以上使っていますが、1/4λなのか1/2λ?いや、5/8λなのか動作している条件は不明です。SBB2は1200メガで都内やお隣の県のレピータもアクセスできるので、ソコソコ使えています。もちろん1200に正式対応したホイップより性能は劣ると思いますが、使えるのと使えないのとでは大違い。とりあえずのローカルQSOに必要な電波が出て行く・聴こえるレベル以上でSBB2が使えています。7メガのダイポールに21メガが乗るのと同じ理屈かな?144メガのSWRが悪いのは、たぶん、マッチングコンデンサを僕が飛ばしてしまったためではないかと思います。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日曜日)

無線機のSP出力とミキサー入力

P_20190615_110937無線機に外部スピーカーを接続している人は結構多いと思います。メーカーからも無線機のデザインにあった外部スピーカーが発売されているので需用があるのでしょう。正直にいえば、無線機内蔵スピーカーの音はオマケでしかないと思う。

無線機が複数台になると、スピーカーを共用したくなる。エイヤって一つのスピーカーに複数の無線機のSP出力を接続していたこともあったが、インピーダンスが変わってしまうために、音質が変わったり、音が小さくなったり、ハム音がでたり、回り込みしたり・・・という弊害が起きやすかった。

そこで複数の無線機のSP出力をミキサーに入れて、適宜ミックスして一つ(一組)のスピーカーに接続するようにしているが、面倒なのが無線機とミキサーの間に入れるライントランスの処理。

要するに無線機とミキサーをDC的には絶縁してハムやノイズ等の混入を減らすのです。ユニバーサル基板でもできますが、秋月の「ST-32使用ヘッドホン出力⇔ライン入力昇圧トランスキット」を使うと簡単です。基板だけとか、トランスもありますのでお好みの組み合わせで作れます。

キットはステレオ用なのでトランスをLRchに一個ずつで二つですが、モノラルの無線機用としては、写真のようにLchのトランス一個で問題ありません。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木曜日)

SV9CVY 50/FT8

Eu-open-2019jun13 50メガ、ここのところほぼ連日EUがオープンしていますが、2エレではビックステーションしか見えません。でもコンディションは目まぐるしく変わるので、数分毎に信号強度が上がったり下がったり・・・・、あがった時には数局みえたり・・・とある意味160mのDXと似てますね。

ウチではEUではSV9CVYが良く見えます。ダメもとでコールしていますが、やっぱりダメ。なんとなーく電波が飛んでる気がしません。とはいうものの、-15くらいで見えるなら、届いているハズ・・・と信じて今日もコールすること3分。

ありゃ?応答あったぞ、73までキタ~~~!

というわけでめでたし無事にQSOです。

6mでの初EUです。ベアフットに2エレでもEUまで飛んでくじゃん。嬉しい!!!!

実は6mの2エレ、アンテナのSWRは2.7なのを、シャックの無線機内蔵チューナーでSWRを下げて運用しています。

| | コメント (2)

2019年6月 8日 (土曜日)

W6OAT 50/FT8

50メガで久しぶりに北米とQSOできました。モードはFT8でベアフットに自作の2エレです。みなさん6エレとか8エレとか、スタックとかなので、冷やかし半分でコールしましたが、幸運にも応答がありました。

-15dBのレポートが帰ってきましたので、要するにクリアな周波数でコールしたもの勝ち・・・ってことですね。それを知ってて、コールバックがあった周波数で、DXが応答した局との交信が終わっていないのに被せてコールしているア・ナ・タ!

まぁ、FT8の初心者なら操作ミスでそうなってしまうのこともありますが、そんな初心者には思えません。困ったものです。たかが無線、されど無線。

今日は自作の2エレでもピークでは-7dBとかで北米が見えましたので、良いアンテナを持っている方には+で見えたと思います。北米は午前中だと思っていましたが、たぶん、マルチホップだと想像していますが、こんな時間でも北米がオープンするんですね。パスの半分くらいは夕方~夜です。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »