« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月20日 (火曜日)

音創り研究会のクリスタルマイクは抽選にて販売します ハムフェア2019

クリスタルマイク(DXM-02S, 03P)は、鋭意準備を進めておりますが、当会が準備する本数では足りなくなることが予想されます。また、土曜日の午後や日曜日しか来場できない方もいらっしゃいます。
そこで、大変心苦しいのですが、クリスタルマイクにつきましては、数回に分けて抽選を行い販売をさせていただきます。


<抽選要旨>

1.
クリスタルマイク(DXM-02S, 03P)は抽選による販売とさせていただきます。

2.
抽選券の配布と当選発表の予定時間は以下のとおりです。(当日、やむを得ない事情が発生した場合、若干時間が変更となる場合があります)

     抽選券の配布時間   当選発表&引き渡し

8/31(土)1回目   10:00-10:50頃まで 11:00頃から

     2回目   14:00-14:25頃まで 14:30頃から

9/1(日)1回のみ 10:00-10:50頃まで 11:00頃から

*抽選券の配布場所と商品の引き渡し場所は、共に音創り研究会のブースです。公平性を期すため抽選券はおひとり様1枚の配布とさせていただきます。

3.
DXM-02Sと-03Pそれぞれで当選者を発表します。 当選者とキャンセル待ちの番号を張り出しますので、当選者は2時間以内に商品をお受け取り下さい。発表後2時間経っても当選者が現れない場合、当選を取り消し、キャンセル待ちの上位の方から順番にお譲りします。

4.
販売数に限りがあるため 、DXM-02S, -03P共にそれぞれおひとり様1点に限らせていただきます。

以上、ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

抽選販売するクリスタルマイク(左から DXM-02Sシルバー・黒  DXM-03P青・黒)
Dxm02Dxm03p_20190820173101Dxm03p

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火曜日)

5ハンドFT8モニターシステム

Ft8 先日160mでこの時期に南米のシグナルが見えたことを記事にしましたが、FT8のモニターシステムは最大5バンドでしたので、冬の間は1908もモニターして1840/1908/80m/40m/30mでしたが、夏枯れに向けて1908を除外して20mを追加した1840/80m/40m/30m/20mて運用していました。
DXからみてJAの160mのFT8のアクティビティは、1840のモニターでは見えませんので、やはり1908もモニターして、夏場でもJAの160mのFT8のアクティビティが存在することをアピールしないと、1908は聴いてもらえません。

そこで1908もモニターすることにして、モニターシステムを変更しました。ELADのFDM-S2は2チャンネル(各チャネル4RX)ではありますが、専用のプリセレクターはシングルバンドです。したがって周波数が異なる2バンドをワッチする時はBPFではなく中波カットのHPFのみ使えます。スプリッターも内蔵型で、CH1とCH2に別々のフィルターを入れることはできません。
そこでFDM-S2はCH毎に4RX(4波同時受信)できるので、2RXを使って1840と1908をモニターします。両方の周波数は16t0mのBPFの範囲内ですので、HPFより高性能なBPFを使えます。

全体の構成を説明します。
アンテナはプロトタイプのOPantenna一本です。MiniWhipと同じタイプの広域帯域アンテナです。プローブは19mmΦ20cmの銅パイプ。HFのミニヤギのブームから1m程の塩ビパイプマストで持ち上げて設置しています。ミニヤギとは電気的に絶縁されています。

5D-2Vでシャックまで引き込んで、自作の中波対応CMFを経て、フォトカプラで絶縁したPTT制御されたDCを供給するBias-Teeに接続されています。電源のDC12Vは無線機の送信時はカットされます。電源はOPantenna専用の低ノイズ安定化電源です。

続きを読む "5ハンドFT8モニターシステム"

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »