« 音創り研究会 頒布品 ご案内ページ | トップページ | 4x4mmQFPの変換基板 »

2019年9月27日 (金曜日)

30cmのOPantennaと全長23mの逆L

160m_invlopa 最近ローバンドが良いみたいです。160mのアンテナは10mのグラスポール2本を屋上に仮設して、垂直部10m水平部13mの逆Lを展開。スクリュードライバーのコイルの出口に接続して、ボトムローディング方式です。SWRは1.02と文句無し。
いつも使っている受信専用のOPantennaは4mのアルミポールに取り付けて、屋上高4mと逆L水平部の半分以下。

というわけで、受信具合をデュアルワッチで較べてみたところ、な~~~んと、OPantennaの方が微妙ではありますが、勝っているように見える結果となりました。
逆LはOPantennaに対して12フレームで1フレーム取りこぼし、受信している信号強度はほぼ互角ですが、ときどき1dB程度逆Lの方が弱いことがありました。いゃぁ、逆Lの優位は揺るがないだろうと思っていましたが、結果は僅差でOPantennaの勝ち。嬉しいけど、チト複雑。
EU方面では違う結果になる可能性はありそうですが、どうでしょうか。

|

« 音創り研究会 頒布品 ご案内ページ | トップページ | 4x4mmQFPの変換基板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音創り研究会 頒布品 ご案内ページ | トップページ | 4x4mmQFPの変換基板 »