« 160m FT8爆発中 | トップページ | 430ハンディWhip勝負 »

2019年11月24日 (日曜日)

6m ハンディホイップ勝負

VX5で使えそうな6m用のホイップが何本かあるので、飛び較べしてみることにした。本来はVX5と一緒にお出かけして、各局からレポートをいただくのが正解だと思いますが、諸般の事情(笑)で簡単な室内実験になりました。
エントリーしたホイップアンテナは以下の4本

1.ロケットオリジナル トリプルバンドホイップ FA-S6270C
2.VX5付属ホイップ(6m対応の長い状態)
3.マルドルAH510R(トリプルバンド対応)
4.MFJ-1806T

今回は三脚に取り付けたBNC基台に直径25cmのアルミ円盤をラジアル代わりに取り付けました。6mとしてはグラウンド不足なので、1m程度の電線を数本円盤から垂らしています。SMA仕様のホイップは変換コネクタでBNCにしました。
各アンテナの共振点は揃っていませんし、調整できないホイップもありますが、50~54メガ内にはSWRの底がありましたので、SWRの底で計測しました。
ホイップにVX5を接続して最小パワーにて送信、ATTを入れたIC7851 で受信してSメータ読みで強さを判別します。ホイップ選びの目安になれば・・・・という趣旨の実験で、あまり真面目な実験ではありません。

SWRを計測したり、SWRの底に周波数を変えたりとチト面倒でしたが、各ホイップのパフォーマンスはまぁまぁでているように思います。
但し、室内での実験ですから、屋外では結果が一変する可能性はありますので、参考データということで。

S値       アンテナ名
S7        1.ロケットオリジナル トリプルバンドホイップ FA-S6270C
S9        2.VX5付属ホイップ(6m対応の長い状態)
9+4dB  3.マルドルAH510R(トリプルバンド対応)
9+7dB  4.MFJ-1806T

室内での実験ですが、上記の結果となりました。Sメータ読みの1dB単位は目分量です。
結果はなんのことはない、ホイップのエレメントが長い順で飛びが良いという、当たり前の結果となりました。また、あまり良い評判を聞かない付属アンテナですが、6mではサイズを考えると、健闘しているようです。
また短い2本のホイップはSMA-BNC変換コネクタ経由での計測なので、長い2本と比較して少し不利ですが、5dB近くの差がありますので、比較結果としては問題ないでしょう。

番外ですが、全長80cmの50メガでは共振していないホイップアンテナも試してみましたが、ロケットオリジナルよりも強かったです。やはりアンテナは長いことが基本ですが、長さと取り回しのバランスですね。

|

« 160m FT8爆発中 | トップページ | 430ハンディWhip勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160m FT8爆発中 | トップページ | 430ハンディWhip勝負 »