« ロケットオリジナルホイップ FA-S627 | トップページ | 160m FT8爆発中 »

2019年11月 8日 (金曜日)

CX6VM 1.8/FT8

160msa 160mで念願の南米大陸とQSOできました。外出から早く戻って、いつもは聞くことのできない夕方のグレーライン狙いでローバンドをウロウロしていると、160mでFT8の信号が見えます。結構強いのでUA0かな?と思っていると、南米のCX6VMが-15dBでイキナリデコード!!!

アンテナは全長4mちょっとのスクリュードライバーで輻射効率は10%あるか、ないか・・・程度。いまからグラスポール伸ばしている余裕はありませんので、そのままチューニングしてコール。

程なくコールバックがありましたが、半信半疑、コールバックの信号は-23dB、レポートは-19dB(笑)ですので、しり切れQSOが頭をよぎりましたが、次のフレームでは-17dBで73をコピーできました。

いゃぁ、FT8なら憧れの160m南米が近くなるように感じていましたが、ここまで近くなるとは想定外です。CX6VMの信号は強力で、Pskreporter用のSDRでもしっかり受信できていました。
南米以外の大陸は紙QSLでCFM済ですから、CX6VMから紙QSLをCFMできれば160m WAC完成です。

しかし、本当にFT8やJT65の登場で、コンプリートが困難なアワードが軒並みスーパーインフレ。デジタルWAZも10年で10人も完成できなかったのに、FT8の登場でワンサカ完成者がでているみたいで、ちょっと寂しくもある。
でも、技術の進歩がどんどん世界を変えていくのに寄り添うのがアマチュア無線、過去の栄光(?)に寄り掛かっては自己否定ですものね。来年は6mのWACだぁ~!!

|

« ロケットオリジナルホイップ FA-S627 | トップページ | 160m FT8爆発中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロケットオリジナルホイップ FA-S627 | トップページ | 160m FT8爆発中 »