« GPUでノイズをリアルタイムで除去するRTX Voice | トップページ | マイク分配アダプターの試作 »

2021年2月 5日 (金曜日)

一本のマイクを複数の無線機に接続する

お気に入りのマイクがあると、色々なバンドで使いたくなるものです。色々なバンドで運用するには、無線機も増えていきます。その都度マイクをつなぎ変えて、レベルを調節して・・・と、結構面倒な作業が発生します。

特にHF大型機で背面のアクセサリ端子からラインレベルで入力するのと、V/UHF帯のモービル機など、マイク端子のみの無線機のマイク端子にマイク信号レベルで入力するのとでは、信号レベルが全く異なります。毎回調節すれば良いのですが、できれば、無線機毎に利得調節ができて、一度レベルを設定したら、そのままの状態で使えるとありがたい。

そんなわけで、マイク切替器を思いつきで試作してみましたが、音声信号に雑音が乗ったり、回り込みが止まらなかったりと、実用的なものにはなりませんでした。原因はグラウンドループのようです。

また、マイク切替器は最低でもマイク信号とPTT信号を切り換える必要があるので、マイク信号2本とPTT1本(アースは共通)の3回路を切り換える必要があります。無線機3台なら3回路3接点のロータリースイッチか、電子スイッチを使うことになります。ポイントはマイク信号のグラウンドは無線機毎に独立していることです。(グラウンドループが出来ない状態を保つ)

色々と考えましたが、グラウンドループはトランスを使ってマイクと無線機を直流的に絶縁することにしました。また、マイク切替器の発想を変えて、マイク分配器にすることにしました。つまり、どの無線機へもマイク出力信号を常時接続してしまい、PTTをのみを切り替えることで、どの無線機でもお気に入りマイクが使えるようになります。PTTは基本的に無線機共通でPTTをアースに落とすと送信ですから、切り替えスイッチも簡単なもので実現できそうです。

ふむふむ・・・要求仕様はこんな感じかな?

・1入力(ラインレベル)3~4出力(モノラルで可)

・入力バッファ

・各チャネルに出力レベル可変アンプ(ラインレベルからダイナミックマイクレベル)

・各チャネルは1:1(600Ω:600Ω)トランス経由で出力

・PTT(無線機)切り替え用スイッチ

こんな分配器があれば、マイクアンプと接続して、出力を色々な無線機のマイク端子でもアクセサリ端子でも入力して運用できますね。

|

« GPUでノイズをリアルタイムで除去するRTX Voice | トップページ | マイク分配アダプターの試作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPUでノイズをリアルタイムで除去するRTX Voice | トップページ | マイク分配アダプターの試作 »