« GU5WZY 18/FT8 | トップページ | IC-705のGPS出力をFT8で使う »

2021年9月15日 (水曜日)

IC-705にリモートジャック [REMOTE] (CI-V)機能を追加する

IC-705はHF~430までカバーして、DVモード(D-STAR対応)を含むオールモード、最大出力は10Wだけども電池内蔵のポータブル機で、GPS付きという、全部入りの無線機です。FT817/818と比較されることが多いようですがD-STAR対応GPS搭載、タッチパネルの操作性という点で、異なるジャンルではないかと思いますし、設計年度の違いから、比較するのには無理がありそうに思います。
でも、FT818にモデルチェンジする時点で、せめてC4FMには対応して欲しかったです。

IC-705は従来の無線機とは違った所がいくつかあります。IC-705はポータプルであること・・・だからか、マイクやイヤホン周りはハンディ機仕様となっていて、従来の固定機やモービル機の8pinマイクコネクタやモジュラージャックではなく、3.5mmΦと2.5mmΦの4極プラグで、固定機やモービル機のマイクは接続できません。
また、PCコントロールはUSB端子経由のCI-Vで可能ではありますが、他の機器と連動させるリモートジャック [REMOTE] がありません。
特にHF帯でICOM固定機の代わりに使う場合を考えると、リモートジャックによる無線機連動でのアンテナ切り替えや、外付け機器の周波数による制御などができず、QSYするたびに手動操作することになります。
CI-Vによる機器連動になれた自分には、これはとても面倒なのです。HFオールバンド・オールモード対応IC-705がリモートジャック無しとは・・・・。

なんとか抜け道は無いかと考えること数日。閃きましたよ。単純にIC-705からPCに入出力してるCI-V信号を、PCの別のシリアルポートから3.5mmΦモノラルプラグに変換して入出力してしまえばいいじゃん♪
シリアルポートのリダイレクト、いわゆるヌルモデムとUSB CI-V変換ケーブルの合わせ技です。片方からのCI-V信号入力をもう片方から出力、逆方向も同じ、つまり相互通信できるはず。

シリアルポートのリダイレクトにはVSPE(Virtual Serial Ports emulator)を使いました。USB-CI-V変換ケーブルは数年前に購入したノーブランドのもの。IC-7000やIC-7851で使えたもので、ICOMのHF固定機に対応していればどれでも使えるはずですが、できればドライバーがCD等のメディアで付属しているものが良いでしょう。

手順を紹介します。

シリアルポートの状況をデバイスマネジャーで確認します。
Dm_20210915230901
赤枠がIC-705とUSBとブルートゥースで接続して増えたシリアルポートです。
705のブルートゥースの活用は後日紹介したいと思います。
今回のターゲットはUSB接続によるCI-V、705のCI-VシリアルポートはCOM7です。
また、データケーブルを接続して増えたシリアルポートはCOM17です。念のためデータケーブルを抜くとCOM17が無くなりますので、間違いありません。
これで、COM7とCOM17をリダイレクトすれば良いことがわかりましたので、VSPEでCOM'とCOM17をリダイレクト設定します。
Vspe3
詳細設定を開いてスピードも合わせます。僕はCI-Vで動く機材は9600bpsて統一しています。ご自分の環境に合わせて設定してください。
Vspe2
設定後にケーブル類を接続して、リダイレクトを有効化すれば、ステータスがokになります。
Vspe1
僕はIC-7851の代わりにIC-705に置き換えてみましたが、IC-7851と全く同じよう、CI-V経由で機材が連動することを確認しました。やはりバンドチェンジと同時にアンテナも切り替わってくれるのは便利ですし「あれれ、なんか弱いな~・・・あ、アンテナ違ってた」みたいなことが無くなります。

 

|

« GU5WZY 18/FT8 | トップページ | IC-705のGPS出力をFT8で使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GU5WZY 18/FT8 | トップページ | IC-705のGPS出力をFT8で使う »