カテゴリー「アマチュア無線機・機材」の369件の記事

2017年8月 6日 (日曜日)

販売予定キットのバリデーション

Dms11hm

音創り研究会では、キットの開発は企画者が主査となって、設計~試作を行い、試作品を研究会のミーティングで多人数で評価します。その結果、Goサインが出れば、

部品調達→バリデーション→最終仕様決定→袋詰め・マニュアル類作成→販売

という流れになっています。

もちろん、各工程で必要によって、企画者以外のメンバーが協力して、ケース加工を手伝ったりします。
キット化で重要なのはバリデーションテストです。研究会では「バリ」と略していますが、回路図や組み立て図と部品、加工済みケース一式を企画者が用意し、それを他のメンバー(テスター)が実際に組み立てて、問題なく組み立てできるのか?説明に不備はないか?ちゃんと動くのか(笑)?をテストします。

回路図を添付しても、実装となれば組み立てる方の個性が発揮されますし、企画者自身が「いつもやってること」は自分の常識として、マニュアルに説明していなかったりすることがあります。まさに、自分の常識は世の中の非常識・・・・ってヤツです。

例えばボリュームの取り付けには、軸を通す穴の他に、ボリューム自身が回転するのを防ぐ、爪をひっかける小穴が必要な場合が多いのですが、ケース加工が増えるので、軸穴のみで締めつけることがあります。
爪付きのボリュームを軸穴だけで固定すると、爪がケースに当たって、ボリュームが斜めに傾いてしまいます。そこで爪は予めニッパで切断してからボリュームを取り付けます。

続きを読む "販売予定キットのバリデーション"

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火曜日)

Tiny-CAT SCR Preselectorの再調整

Tiny_scr_black

Tiny-CAT SCR Preselectorの連動は上手く言っていますが、Tiny-CAT SCR Preselectorは1台ごとにLCの組み合わせによる同調周波数のテーブルを持っていて、そのテーブルを起動時に参照して補正(微調整)しているようです。

このテーブルは製造段階での誤差を補正する良い方法だと思います。

中身をみると、Lは手巻きですからCが固定でも同調周波数に誤差がでてくるでしょうね。
その誤差をテーブルの値で補正してCATで与えられた周波数に同調させる賢いマイコンが内蔵されているようです。

以前の記事での連動方法では、この個別の補正を無視してLCの切替リレーを制御するため、同調周波数に誤差がでてしまうわです。気づきませんでした。

また、Tiny-CAT SCR Preselectorの補正テーブルのデータを確認していたら、明らかにミス(バグ?)と思われる部分がありました。
そこで、CATの周波数(受信周波数)とTiny-CAT SCR Preselectorの同調周波数のズレ調べてみました。

続きを読む "Tiny-CAT SCR Preselectorの再調整"

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日曜日)

昇圧レギュレータ 電源モジュール XL6009 その2

ノイズについて本来ショットキーバリアのところにファストリカバリーを取り付けていたので、ショッキーバリアの高耐圧品に変更しました。

測定の条件は9V入力 47V出力、負荷14mA、出力にエミフィル、出力端に330uFの電解コン追加です。

電源offでのノイズフロア
Xl6009_off_330uf

電源on
Xl6009_on_330uf

1kHz付近では-110dB以上と電源off状態と測定誤差ですが、100Hzでは20dBほど悪くなっています。
330uFの電解コン追加で数dB改善したものの、これ以上は本格的な低周波フィルターを入れないと無理っぽい感じ。

続きを読む "昇圧レギュレータ 電源モジュール XL6009 その2"

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土曜日)

microphone navi

Photo_2

ヘッドホンやマイク、オーディオ関係の小物でお世話になっているオーディオ・テクニカ。マイクの分野では世界的に高い評価を得ています。
むしろ、海外での評価に比べて、日本での評価が低いように感じます。

先日、調べ物をしていて、オーディオ・テクニカが「microphone navi 」を開設しているのを見つけました。

目的別マイクロホン選びで、オーディオ・テクニカが提供している多数のマイクの中から、目的に合ったマイクを選べるようになっていて、多数のマイクを販売しているメーカーとしては当然とも思えます。

ビックリしたのは「マイクロホンを識る」として、代表的なマイクについて、その構造の違いや音を電気信号に変換する仕組みを学ぶことができることです

「識る」と表記しているところに、オーディオ・テクニカのマイクへのこだわりが伝わってきますね。

続きを読む "microphone navi "

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日曜日)

昇圧レギュレータ 電源モジュール XL6009

P_20170723_200739_vhdr_auto

ファンタム電源は48Vです。この48Vをどうやって作るのか?がファンタム電源のハードルと言ってもいいと思います。

最近は優秀な昇圧チップが出回っていますので、中華製の160円の激安品、XL6009を使った昇圧モジュールボードを試してみることにしました。
写真はBBに昇圧モジュールボードを載せて、周辺回路を組んだところです。

昇圧モジュールボードは例によって2枚注文してテストしましたが、2枚とも問題ありませんでした。後は耐久性ですね。

モジュールボードそのままでは40Vが上限ですので、リンク先のレビューにある改造記事に沿って、330Ωの固定抵抗を250Ω程度へ変更、耐圧40Vのショットキーバリアダイオードを手持ちのファストリカバリーダイオードの耐圧1000V1A品への変更し、50Vの電圧が出力できるように改造しました。
但しモジュールボード上の出力平滑コンデンサが50V100uFです。48Vは定格ギリギリなので、コイツも取り替えた方がいいのは承知していますが、今回は交換していません。データシートのように、220uF程度の良質な電解コンに交換するとノイズが減る可能性はありますね。

交換したダイオードは1Aでは容量不足なんですが、今回はファンタム電源や低消費電力用途しか想定していませんので1Aもあれば十分です。
発熱が多くなる大電力を扱わせるのは、中華製ですので気が進みません。僕は「小電力専用」と考えています。

続きを読む "昇圧レギュレータ 電源モジュール XL6009"

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土曜日)

絶縁型DCDC MAU-109のノイズ

秋月で販売している絶縁型DCDC MAU-109の±15Vを重ねて30Vにした時のノイズを計測してみました。負荷は14mAです。

まずは単体出力
Mau109_14ma_2

ムラタのエミフィルを出力に入れた場合
14ma_2



続きを読む "絶縁型DCDC MAU-109のノイズ"

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土曜日)

マイク切替器の製作

P_20170715_114906_vhdr_auto

2本のマイクを瞬時に切り換える、マイク切替器を製作しました。構造は至って簡単。
2本の平衡ラインを2回路2接点のトグルスイッチで切り換えるだけです。

ケースは塗装済のダイキャストケース。しっかりしていて、工作も容易です。
塗装は発色も綺麗な赤にしました。黒のキャノンコネクタとの相性もいい感じです。

本当は欲張って3本切替にしようと思いましたが、手持ちに適当なロータリースイッチがありませんでした。

使ってみると、これは便利。マイクの微妙な違いも切替器で切り換えながらモニターすると、はっきりわかります。

今年のハムフェアでは、このようなマイク切替器を使ってマイクの聴き比べを展示しようと企画しています。

聴き比べするのは、リボンマイクロホンで、MXLのR-144で、無改造のオリジナルと、リボンマイクトランスを音創り研究会製のリボンマイクトランス TRM-1"響"に換装した改造品を予定しています。

続きを読む "マイク切替器の製作"

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日曜日)

リレーモジュールボードを使ったアンテナ切替器の実験

P_20170708_213738_vhdr_auto

安価なリレーモジュールボードをアンテナ切替器に使えるか、実験してみることにしました。
リレーの接点容量は10Aありますから200Wは余裕です。

写真は一番上がアンテナ代わりのダミーロード、真ん中が電源、下が4チャンネルのリレーモジュールボードです。
1枚250円程度と、動作するのかが心配なくらい安価です。
一応予備を含めて2枚購入しましたが、2枚とも正常に動作しました。

アンテナ切替器への変更は、リレー基板の左に入力端子を設け、出力はネジ留め端子を使わず、リレーの出力端子に同軸を直結するレイアウトで試してみました。

リレー基板の左側から入力しますので、一番右側のリレーまでの距離が遠く、裸配線の影響を受けてSWRが悪化すると予想して、一番右側のリレーにダミーロードを接続しています。

基板の裏側です。パターンカットは意味がありませんので無視してください。

P_20170708_215106_vhdr_auto

リレーの真下に幅1cm弱で銅テープを基板全体に腹巻のように一周してアンテナのグラウンドとしました。
同軸の芯腺は、錫メッキ線で、リレーのコモン端子を数珠つなぎに接続しています。
アンテナへの同軸はリレーの電源onでメイクする端子とグラウンドへ最短で直結です。

続きを読む "リレーモジュールボードを使ったアンテナ切替器の実験"

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土曜日)

リレーモジュールボードの周波数特性

P_20170708_102248_vhdr_auto

リレーモジュールボードにはSONGLEのSRD-05VDC-SL-Cというリレーが使われていることが多いようです。ブルーのハウジングで見た目がカッコいいです。

接点容量も  10A/125VAC 28VDC   とベアフットなら全く問題ありません。SWRが低ければ500Wでもイケるんじゃないでしょうか?1個80円程度で購入できますが、信頼性については僕もわかりません。

バンドデコーダー出力のアンテナ切り換えリレーの駆動用として二週間程運用していますが、今のところ問題は発生していません。

このリレーでアンテナを直接切り換えるのは、どうも気が進まない(信頼性とか・・・)のですが、とにかく安価ですし、コントロール部も基板に載ってるし、簡単にアンテナ切り換え器が作れそうなので、モノは試しと実験してみることにしました。

リレーはブルーのプラパッケージで、内部構造はわかりませんが、ピン配列から、コモンのピンからネジ式の出力ターミナルのピンまで直線で23mm離れています。

Srd05vdcslc

アンテナ切り換えに使うとなると、23mmを折り返しますので46mmほど、シールド無しの配線になります。

 

続きを読む "リレーモジュールボードの周波数特性"

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土曜日)

ICOMバンドデコーダー完成

P_20170701_212354_vhdr_auto

ブレットボードに組んだICOMバンドデコーダーに、8チャンネルリレーモジュールボードを接続しました。

リレーモジュールボードは中華製で1コインでした。15A125VACのリレー8個が載っていますから、リレーだけを8個購入したと思っても格安です。

このリレーモジュールボードはフォトカプラー経由(Lowアクティブ)でリレーを駆動する本格的なもので、動作電圧は5V(リレーも5V品)です。

リレーモジュールボードとブレットボード間は秋月ご購入したジャンパーケーブルで接続していますのでハンダ付け不要です。

ブレットボードのLEDは電源モニターのみにして、デコードしたバンド情報をリレーモジュールボードで処理して、リレーをメイクさせています。リレーは1回路2接点ですから、単純切り換え(on/off)しかできませんが、リレーモジュールボードを2枚使えばフィルター切り換え(inとout側)も可能です。

続きを読む "ICOMバンドデコーダー完成"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧